木の力を最大限に引き出す技術

【環境に適応し制御するちから】

製作風景1

建築会社にとって、技術は誇りであり宝です。軽量鉄骨・RC・2×4・プレカットなどなど様々な工法がありますが、当社の住宅は日本古来から伝わる在来軸組み工法で施工しております。非常に困難で手間がかかり一人前になるまで長い年月を有する工法ですが、非常に柔軟で温かく耐久性があり、日本の気候に合い日本人にとても適した 工法とも言われております。

【伝統の「技」職人の「腕」】

製作風景2

木も一本一本特性があり変化もあります。その特性や変化を活かし、高度な技術で組上げる木造住宅を造る職人は年々減り続けています。そんな問題に真正面からぶつかり、長い年月を掛け本当の職人の育成をしています。 本来の木造住宅の基本となる、一番重要なところを機械に任せることはできません。どんなにカッコイイ家でも、基本となる軸はどの家も共通しています。気候を知り、土地柄を知り、木を知り、刃物を知り、家を知る。 長年、社寺建築も手掛ける当社の職人達は、その思い・プライドをそのままに一般住宅も手掛けるのです。そんな、大工職人が造る家だからこそ自信を持ってお勧めすることができその技術は建築会社にとっての宝であると我々は考えています。

【木の「心」】

製作風景3

木は生き物ゆえに、職人は一本の木から見ることからはじめます。正に【適材適所】木材の方向・方角、各部材を見極めながら墨を付け、 玄翁・鋸・ノミを使い職人の手で一本一本刻んでいきます。 家の良し悪しは大工に大きく左右され、その大半は完成したら隠れてしまう所ばかりです。家という形に組み立てるだけの大工ならたくさんいます。 我々は、木造建築の最高峰でもある社寺建築も手掛け建物の本質、職人としての心を教わり木に学び木に愛されるよう日々努力し続けております。 そして一般住宅でも、その思い・プライドを胸に釘一本疎かにする事のないようお客様の立場に立った住いを造り続けています。で、ずっと同じ担当者がお客様の大切な住いをサポートしています。